| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

★時間管理のプロ

農場やり始めたはいいけど毎日張り付いて農場管理なんてできない!メンテナンスで収穫時間が全部同時刻に調整されて困るんだけど!そんな悩める農場初心者から中級者へ今年最後のプレゼント、農場攻略法の伝授です。

使い方によっては農場を独占する方法にもなってしまうのでオススメできないのですが、早朝や深夜に収穫放置してある作物がたくさんあって、それでいてエリアに自分しかいないときなどに是非活用してみてください。



①同時刻に収穫できる作物がある場合
(メンテナンスで収穫時間が同時刻に調整された場合)

よくメンテナンス直後の収穫物が同時刻に調整され、一気に収穫できるようになっている光景を見かけます。そんなときに自分の栽培可能個数が残っていれば植え替えのチャンスなのですが、そこで自分も一気に植え替え作業を行ってしまうと次回の収穫時に数秒の誤差での収穫になってしまいます。

メンテナンスによる強制時間調整の対象となる作物は、約4分以内の間隔で植えられた作物すべてです。もちろんメンテナンスの引っかからなかった作物であればその時間通りでの収穫になります。
メンテナンスが行われると、この4分以内の間隔で植えた作物は、後付けの物が先に植えた作物の収穫時間に強制的に調整されてしまいます。例えば、1時10分と1時12分に植えた2つの作物がメンテナンスに引っかかると、「メンテナンスによる時間のズレ(通常メンテで約〜1時間)」+「強制調整(-5分)」で、2つとも2時10分の収穫になってしまうということです。(2時10分と2時12分ではない)


それを回避する方法がこれ、初級種Ⅰリンゴの種を使用する方法です。

リンゴ

初級種というのは、「栽培レベルを上げる初期の段階でのみ使用する種」と思われがちなのですが、それとは別に優れた能力を発揮してくれる重要な役割を持っています。例えばこのリンゴの種は、収穫時間がたった6分なので、複数の栽培物の時間間隔を時間調整されずに最小限に抑えるには丁度いい種ということになります。

この初級種を植える作業は、収穫が目的ではなく時間を管理しやすくするために植えるため、水やりをする必要は全くありません。収穫したとしても、2シルバーの紅玉リンゴが採れるだけで利益になりません。それに、農場をやっている人であれば大体大型ジョウロしか持ち歩かないと思うので、それで水やりをすると大型ジョウロ一個10シルバーで大損するだけです。そのため、基本的には枯らしてあげます。

ちなみに、画像の一番左の種は初級種Ⅰヒゲ菜種(栽培時間1分)です。
もっと細かく時間調整したいときはこの1分の種を使用するのがいいですが、いろいろとめんどくさいのでリンゴの種がオススメです。


と言ってもよく理解できないと思うので、連続栽培できたときのSSで説明します。

リンゴとスミレ

つまりはこういうことです。


早朝などの人が活動していない時間帯では、収穫放置している作物が多く、運がいいとこういったように連続して植え替えできることがあります。この5つの植え替え作業の流れは、前述した内容を反復しているだけなので難しいことではありません。
全ての空き地にスミレ種1つ、リンゴの種を4つ植え、そこから枯らした場所4箇所中1箇所にスミレを植え、他の枯れた場所には再度時間調整のためにリンゴの種を植える、この繰り返しです。


1.スミレ(0分)→リンゴ(0分)→リンゴ(0分)→リンゴ(0分)→リンゴ(0分)

2.スミレ(6分)→スミレ(0分)→リンゴ(0分)→リンゴ(0分)→リンゴ(0分)

3.スミレ(12分)→スミレ(6分)→スミレ(0分)→リンゴ(0分)→リンゴ(0分)

4.スミレ(18分)→スミレ(12分)→スミレ(6分)→スミレ(0分)→リンゴ(0分)

5.スミレ(24分)→スミレ(18分)→スミレ(12分)→スミレ(6分)→スミレ(0分)

※()内の時間はスミレを植えてから経った経過時間。
実際のリンゴの種の枯れる時間は5分強です。


この方法を取ることで、メンテナンスによる強制時間調整を回避することができます。


②次回収穫時に収穫できない場合

①の応用方法で、次回の収穫時に収穫することができずに空地にしてしまう可能性がある場合、メインの3日種を植え付ける前に他の種で時間調整してからメインの種を植えることで空地を回避することができます。



 栽培時間:30分
 初級種Ⅰ(冬ムギ種など)、特殊種(生命の清水種)



 栽培時間:1時間30分
 初級種Ⅰ(キイチゴ種など)



 栽培時間:3時間
 初級種Ⅰ(サツマイモ種など)


 栽培時間:1日
 初級種Ⅱ(ミズ菜など)、中級種Ⅰ(アカバナ種など)
 特殊種(黄金リンゴ種、タケノコ種、黒モミ)



 栽培時間:2日
 初級種Ⅱ(峠カボチャ種など)、中級種Ⅰ(聖域スイカ種など)



 栽培時間:5日
 特殊種(復活のリンゴ種)


時間調整に使用できる種の栽培時間の種類はこの6種類です。収穫する価値のある種は大体1日〜なので、それ以外の種は植えたままで大丈夫です。特殊種(エピック)は同時栽培が1キャラ1つしかできませんが、特に復活のリンゴ種は収穫まで5日もあるのでゆっくり時間を取りたい人にはオススメです。ただ、他の栽培物との時間管理が面倒になってしまうのと、基本的に売却場所が取引所になり相場変動が発生してしまうのがデメリットです。
これに至っては8人制ネストの復活解除時期が狙い目なので、復活のリンゴジュースにするか、その材料である復活のリンゴそのものを売却するかしないと大きく稼ぐことはできません。

3日後にドラネスができない状況や、その時間帯に収穫ができない場合など、状況に応じてかなり柔軟に対応できる方法なので、農場をもっと頑張りたい方は是非やってみてください。かなり捗ると思います。農場なんて、こんなもんですよ(ゲス顔)


最後に、農場にルールなんて存在しないと昔から言われていますが、あまりに良識のない行動はトラブルの原因になり兼ねないので注意が必要です。空地なんて時間を見て探せば絶対にあるんだからさ。(なんか矛盾)


スポンサーサイト

| 農場の遊び方 | 23:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

★そさちゃんのおいしいりんごじゅーすができるまで~攻略編~

ソサ「ところで"復活のリンゴジュース"を私は作りたかったんだけど。」
勢い余って全ソーサレスを動員したけどみんな栽培レベル0だったわ。

アチャ「はい、"復活のリンゴジュース"を作るにはまず"復活のリンゴ"が必要です。」
ソサちゃんって相変わらずおバカなんですね。

ソサ「でもこのリンゴ栽培できないんだけどどうすればいいのよ。」

アチャ「種が撒けるようになるまでひたすら栽培熟練度を上げる必要があります。」

ソサ「それってかなり時間掛かるじゃない…。」

アチャ「撒いた種全ての面倒を見ると大変かもしれないですね。」

ソサ「なによ、何か知ってるなら教えなさいよ!」

アチャ「そうですね、それなりに頑張ったソサちゃんに今回は特別に教えてあげます。」ニコー


栽培熟練度
アチャ「栽培熟練度が上がるのは主に[種まき]のときなんです。」

ソサ「だから何よ!私頑張ってるわよ!」

アチャ「ということはですね、種を撒く回数が多いほど熟練度は上がってくのですよ。」

アチャ「つまり、種を撒いたら放っとけばいいのです!」ドヤァ

ソサ「そうしたら作物の収穫ができないじゃない……。」

アチャ「"収穫をする"ということは[水やり]をしないといけません。
[水やり]をするとその分収穫までの時間が伸びてしまうので、"枯らしてしまう"のが初期の熟練度を上げるのにはいいのですよ。」

アチャ「栽培レベルの低いうちの種の収穫時間はすごく短くなっています。
それに、収穫したところでたいした値段で売れるわけでもないので、[水やり]をせず"枯らす"ことが正解(?)なのです。」

アチャ「そのため、種の収穫時間の長いもの(例えば90分)が撒けるようになるまでは、作物を枯らして栽培熟練度を上げるのがオススメですよ!」ニャン

ソサ「そういうのもっと早く言いなさいよね…。」


空地の探し方
ソサ「そういえば、いつも"共同農場エリア"に空地がないんだけど。」

アチャ「ちゃんと探してるんですか?」

ソサ「さささ探してるわよ!」
↑エリア移動がめんどくさくて真面目に探してない

アチャ「1~10エリアだけでも順に探せば1つは見つかると思うんですけど…。」

ソサ「ないわね。」ドヤッ

1_20130214230336.jpg
収穫までの時間:残り22時間13分37秒
残量:残り13分37秒

2_20130214230337.jpg
収穫までの時間:残り5時間22分31秒
残量:残り2分31秒

アチャ「こういったように"枯れそうな作物"を探すのもポイントですよ?」

ソサ「わ、分かってるわよ!」ギャーギャー

アチャ「でも例えば、枯れるのを待っている間や、収穫寸前の作物を刈り取るのを待っている間に、その作物の所有者さんがお水を上げにきたり収穫に来た際は退きましょうね。」
ソサちゃんみたいな人は特に…。

ソサ「うるさいわね!」

アチャ「農場には"ルール"というものは一切存在しませんが、礼儀というかマナーというか…、私はそういうことを頭に入れて栽培をしています。中にはモーションなどで会釈したりしてくれる方もいるので悪い気分にはなりませんよね!」
もちろん"絶対"なことではないので一概には言えませんが。

ソサ「そのときはまた新しく探してみるわ…。」

アチャ「はい!いずれ自分の作物にも誰かが待機されているというときも出てくると思います。その時、相手の方が会釈して退いてくれるのを見ると、自分もこうでありたいと思うようになるものですよ!」ニコッ
※あくまで一個人としての解釈です。


農場管理の仕方
ソサ「いくつも種を撒くと管理がめんどくさくなってくるわね…。」

アチャ「そうでもないですよ。」

ソサ「そういえば、私のやり方を教えるからこんなの覚えなくていいって言ってたわよね。」

アチャ「ほんとそういうのはよく覚えてるんですね…。」


アチャ「農場管理のポイントは、まずエリアを多く跨がないということです。」

アチャ「エリアを多く跨いでしまうと、その分ロードの回数も多くなります。
そうするとお水をあげにいくのがすごく大変で面倒に思ってしまいます。
多キャラで回すときもそうですが、なるべく同じエリアに種を撒くのがポイントです!」

ソサ「それだけ?」

アチャ「ち、違いますよ…!実は画面表示をほぼ必要としない管理方法があるのです!」

アチャ「それがこれ!"ノートに書き記す!"ですっ!!」ドーン

ソサ「…なによそれ。」

アチャ「バカにしないでください!これ意外と便利なんですよ!」

アチャ「随分とアナログな方法ですが、栽培タイマーという栽培管理ツールもあります。
以前使用させて頂いたのですが、管理できなかったので()この方法になりました。
こんな感じにまとめるだけなので、いつでもどこでも確認ができますよ!」


キャラ/農場エリア収穫日収穫時間作物の場所
   ぼうます   
     1 20日 20:00 2エリア
     1 20日 20:20 2エリア
    あくろ   
     5 20日 21:30  くぼみ
     5 20日 21:45 1エリア
   ばばちゃん   
     1 21日 0:10  オク


アチャ「ここに書いてある"作物の場所"はこのことですよ!覚えてくれてましたか?」

3_20130209023217.jpg

アチャ「私の場合収穫時間は余裕を持って10分前にしています。」

ソサ「ちょっと気持ち悪いわね。」

アチャ「うるさいですよ。」ニッコー


定期メンテナンス
ソサ「メンテナンスで作物が"最大メンテナンス時間分成長する"ってあったけど。」

アチャ「これはですね、やっかいなことに作物の収穫時間がズレるということなのですよ。」

ソサ「なによそれ!管理もクソもないじゃない!」バンッ

アチャ「そ、ソサちゃん落ち着いて…。」

アチャ「といっても通常メンテナンスのときは大体1時間~1時間半のズレになっています。
もちろんそのときのメンテナンス時間に影響されますが、最近はこんな感じです。」

ソサ「月末メンテナンスのときはどうなるのよ?」

アチャ「えと……9時間とか…ズレます……。」

ソサ「やってらんないわ!」ガシャーン

アチャ「で、でもっみんな同じ状況なのでそこは月のリセットって考えて…。」

ソサ「そこまで時間がズレたらたまったもんじゃないわ!」

アチャ「そ、そうなんですけど…。」

アチャ「あ、それとですね、もう一つ重要なことがあるのです。」

ソサ「なによ。」キッ

アチャ「(ひえぇ…)えとですね、メンテナンスに入ってしまうと、作物の誤差な収穫時間がすべて同じ時間に調整されてしまうんですよ。」

ソサ「ど、どういうことよ…。」

アチャ「例えば目の前にすでに収穫できる作物と2分後に収穫できる作物があるとします。
この2つの作物は、メンテナンス後には同じ時間に収穫できるように調整されてしまうのです。」

ソサ「そんなの迷惑じゃない!」

アチャ「そのため、同じ時間に調整されないようにするには"5分以上"の間隔をあけないといけません。(検証してみたら1分~3分は確実にアウト、4分は環境によりグレー、5分は調整対象外)」

ソサ「月末になったら結局また空地探しなのね…。」

アチャ「それも栽培の楽しみの一つとして割り切ってください。」ネッ




アチャ「追記できるようなとこは追記してみたんですけどどうですか?」
少しはタメになりましたよね?えへへ

ソサ「もし"復活のリンゴ"ができたらそのあとはどうすればいいのよ。」

アチャ「あぁ、リンゴジュースですか?」テキトー

ソサ「そうよ、当初はそれが目的だったんだから!」

アチャ「私、料理はできないんですよ。」シレッ
あ、リアルなほうじゃないですよ?料理スキルのほうですよ!

アチャ「ほら、見てください……。」

料理

ソサ「ひどいわね…。」

アチャ「復活のリンゴジュースのレシピ2000G(VIP1400G)と復活のリンゴ4個、鍋、お玉があればできるみたいですね。料理スキルが中級1までないと料理できないので、あとは頑張ってください![釣り]がめんどくさかったら取引所で購入して[料理]という手もありますよ!」

ソサ「[栽培]より大変なんじゃなくって…。」

アチャ「はい!なので私は諦めました!」テヘッ

ソサ「はぁ……。」



-----ばばちゃんの"復活のリンゴジュース"への道は長いのでした、おしまい-----

| 農場の遊び方 | 18:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

★そさちゃんのおいしいりんごじゅーすができるまで~収穫編~

アチャ「ではそろそろ収穫の時間ですね!」

クレ「あぁ、そうだな。」キリッ
↑早く帰りたい
アチャ(クレさんもやる気になってくれたんですね、嬉しいです!)パアアァ
↑ただの勘違い


収穫
1_20130214201715.jpg
アチャ「時間ですね!収穫時間になったので作物の収穫ができるようになりました!」

アチャ「この作物の上に出ているマークが"収穫可能な作物"の表示になります。
これは、"共同エリア"でも同じなので、マップに入ったら見渡して視認が可能です。
下の小さいマークは、収穫可能な作物を目の前にしたときに"鎌を持っている状態"で表示されます。鎌を持っていない状態だと"×マーク"が表示され、収穫できる作物があっても収穫することができません。」

アチャ「ではクレさん、収穫してみてください~!」

2_20130214202507.jpg

アチャ「これが収穫中のモーションです。」

アチャ「頭の上のエフェクト(?)が可愛いですよねえへへ。」ポヤアァン

3_20130214202817.jpg

アチャ「これは収穫後の画面表示です。
作物が収穫されたので、再び種を撒ける状態になってますね。
下の作物の情報は、今採れた作物の種類になります。稀にレアな作物が採れるので、撒いた種と違う種類の作物が採れたときはラッキーです、約2倍の価格で売却できますよ!」

ソサ「2倍ですって……!」

アチャ「あっもちろん種のレベルが低いと売却価格も高くないのでまずは熟練度をあげr」

ソサ「わかったわ、こうなったら農場に全ソーサレスを動員するわ!」

アチャ(人の話を聞いて…!)


農場倉庫
アチャ「最後に"農場倉庫"について説明します。」

アチャ「収穫した作物はインベントリに移るのではなく、全て"農場倉庫"に送られます。
作物を受け取る場合は、エリア内にいる[農場管理人]モーリに話しかけてください。」

4_20130214204116.jpg

アチャ「ここで注意しないといけないのが、作物には保存期間があるということです。
保存期間は収穫してから15日間、期限が過ぎるといかなる場合でも削除されます。
保存期間内であれば"農場倉庫"にいくらでも作物を詰め込むことが可能ですが、
期限が過ぎる前に"農場倉庫"から作物を取り出すことを忘れないようにしましょう!」



アチャ「以上で農場の基本的な扱い方について 簡 単 に説明させて頂きました!
長くなっちゃいましたが、見てる方もいる?いないのかな?ww閲覧ありがとうございました!
慣れてしまえばあとは単純作業だけ、気付いた頃には結構なお金が入ってきてると思います!もしこれを見て、"やってみようかな"と思った方が一人でもいれば嬉しいです!」

アチャ「最後の最後におまけで私の農場の進め方とちょっとした裏技でも載せますね!」

ソサ「おまえたちは東から、私は西から攻める!このエリアを制圧するんだ!いいな!」ドドド


-----最後に農場のちょっとしたおまけTIP!-----

| 農場の遊び方 | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

★そさちゃんのおいしいりんごじゅーすができるまで~水やり編~

クレ「ではボクはこれで。」
あとの水やりはソサさんにやらせてください。

アチャ(ど、どうしよう!ここでクレさんが帰ったら
あとでソサちゃんに何て言われるか…!)ハッ

アチャ「だっダメです!」

クレ「はい?」

アチャ「こっここのエリアは個人エリアなのでクレさんにしか見えないのですよ!
だからソサちゃんがクレさんの作物にお水をあげることはできないのです!」

クレ「じゃあソサさんに最初から自分でやらs」

アチャ「ダメですダメです!クレさんの作物が可哀想ですだめです!」ウルッ

クレ「わ、分かりましたよ…今回だけですよ…。」ハァ

アチャ「ではソサちゃん起こしてきますね!」パアアァ
↑クレさんが帰らないことによりソサちゃんの怒りの矛先が自分に向くのを回避


アチャ「ソサちゃんっ起きてください!」ユサユサ

ソサ「んっ……よく寝たわ…あら、アンタ何でそんなに嬉しそうな顔してんのよ。」


アチャ「では前回の[種まき]の続きで今日は[水やり]についてです。
ソサちゃんはクレさんの栽培しっかり見ててくださいね!」

ソサ「あら?やっとやる気になったのね。
まぁこれを機にしっかり覚えて帰ることね。」どやぁ

アチャクレ(誰のために…。)


アチャ「少し間が空いたので(ソサちゃんも起きたし)おさらいをしましょう。」

アチャ「[種まき]は、空地をクリック ➝ 種を選択 ➝ 種まきでできますね。
これが種が根付いた直後の画面になります。」

6_20130209184403.jpg

アチャ「ここから初めての人にはちょっと難しい[水やり]をしないといけません。
これも慣れてしまえば何ともないので頑張りましょう!」
私も説明頑張ります!


水やり
1_20130212002557.jpg
①ギルド名とキャラクター名:作物の上に所属ギルドとキャラクター名が表示されます。
これは"個人エリア"に限らず"共同エリア"でも同じく表示されます。
また、同じギルドに所属しているメンバーの作物がある場合、メンバーの作物も同じように表示され、他のギルドのキャラクターとの差別化が簡単にできるようになっています。
②種の種類:種の種類です。
③収穫までの時間:収穫できるまでの残り時間が表示されます。
プレイ環境によって数秒の誤差が生じ、表示時間より早く収穫できるときもあります。
⑤残量:その作物の残りの水分量です。
お水の残量が収穫までの時間を上回らないと作物は枯れてしまいます。
"収穫までの時間"を上回った水やりができて初めて作物の収穫ができます。
⑥所有者:その作物の所有者の名前が表示されます。


アチャ「種を撒いて一番気にしないといけないことが"水の残量"です。
種を撒いた直後からすぐにお水の残量のカウントは始まります。
お水を一度もあげずに収穫できる種はないので必ず一回以上の[水やり]は必要です。」

アチャ「画面を見ると、お水の残量(時間)が収穫までの時間を下回っています。
このまま放って置くと収穫時間より先にお水の残量が0になり作物が枯れてしまいます。」

ソサ「なるほどね…ジョウロって確か3種類あるのよね?どれを使えばいいの?」

アチャ「(覚えてたんだ…)ジョウロは小型(100)、中型(1000)、大型(100000)の3種類。
熟練度が低いうちは主に小型と中型ですが、1つに入っているお水の量が少ないです。
そのため、何度も[水やり]をしないといけなくなってしまうことも出てきて面倒だと思うので、
大型で大量のお水を一度に与えてしまう、というのも一つの手ですし、何より楽チンなので
めんどくさがりのソサちゃんにも大型が一番オススメです。」
インベントリも一つ分の消費ですし!

アチャ「今回は初級1の種(必要水分量がものすごく少ない)、しかもクエスト報酬で栽培に必要なセット、1セット分があるので、その小型ジョウロを使って[水やり]をしてみましょう。」

2_20130212010829.jpg

ソサ「ちょっと、更地に水あげてるようにしか見えないんだけど。」

アチャ「そ、そうですねここは"個人エリア"なので…。」
あとでクレさんにでも聞いてください……ブワッ

3_20130212010830.jpg

アチャ「するとほら!お水の残量が収穫までの時間を上回りました!
これで収穫時間まで何もしなくても作物が枯れることはありません。」
ねっクレさんそうですよねっ!キラキラ

クレ「そうですね、ではお水をあげたのでボクはこれd」

アチャ「だ、ダメです!まだ収穫が残ってるじゃないですか!
はっ…もしかして…途中まで手を付けた子を放って置くんですか……!」イヤァ…!

ソサ「これだからホモは。」

クレ「いや、あの…別にそういう訳じゃないんですけど…。」
それと人を勝手にホモ呼ばわりしないでください。
ソサ「だってアンタいつもパラとプリで一緒にいるじゃない。」
クレ「それは何と言うかセットみたいなものでしょう。」
ソサ「セット…汚らわしい…!」
クレ(助けて。)



ソサ「まぁ[水やり]はなんとなく分かったわ、作物が見えないけど。」

アチャ「今はまだ収穫まで期間が短いので種まきの直後の水やりでお水は足りますが、
1日や2日の種になると1日一回は[水やり]に来ないといけないのを忘れないでくださいね!」

アチャ「ちなみに、画面の×マークは"あげれる水分量の限界値を超えてこれ以上お水をあげれない状態"か"インベントリにジョウロを所持していない"場合に表示されます。
限界値は種によって異なり、分子が分母を超える"分子>分母"の関係になると、それ以上の[水やり]は一時的に不可能になります。
お水の残量が減り、分子<分母になるとまた再度[水やり]が可能になります。」


ソサ「そんなことよりそろそろ収穫できるんじゃないのかしら。」ジー
↑目の前で何が起きるか気になっちゃう系
クレ「そうですね、あと数秒です。」ジー
↑とりあえず早く帰りたい

アチャ(これすごく重要なんですけどお!)



-----ばばちゃんのタメにならないステルス収穫!-----

| 農場の遊び方 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

★そさちゃんのおいしいりんごじゅーすができるまで~種まき編~

ソサ「ちょっと、内容が全然まとまってなくて見づらいんだけど大丈夫なの?」

アチャ「大丈夫じゃない、大問題にゃぁ…。」ブワッ

アチャ「もう、一種のスキルです放っておいてください……。」ションボリ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

アチャ「では今日はついに実践です!」

ソサ「金策のために頑張るわ!」

アチャ(あれ…確かクレさんのためじゃ……。)


アチャ「以前受けたクエストがありますよね?
ではそれを目の前のモーリに報告して"栽培スキル"を習得してください。
完了すれば自動で[K]の補助スキル欄に追加されているので確認してみてくださいね!」

1_20130209171736.jpg

ソサ「なんか渡されたわ。」

アチャ「栽培に必要なセット、鎌、ヒゲ菜種、小型ジョウロです。
鎌は所持していないと収穫できないし、種がないと空地に種を撒けません。
そして、収穫までに必要なお水の量を与えないと作物は枯れてしまいます。」

ソサ「軍手はないのかしら。」

アチャ「我慢してください…。」


種の種類
アチャ「栽培の過程は大きく分けて[種まき][水やり][収穫]に分かれています。
まずは[種まき]について説明していきましょう。」

アチャ「まず種の種類ですが、栽培熟練度によって制限がかかっています。
これは栽培熟練度を上げることで種の種類の制限が解除されていきます。」

種

ソサ「中級になるにはどうすればいいの?」

アチャ「中級は初級レベル10(確か)の熟練度がMAXになると自動で中級にあがります。
特に何もしなくても栽培レベルは勝手に上がっているので安心してください。」

ソサ「このエピックの特殊種って何なのかしら。」

アチャ「これは通常の種と違い、一度に複数植えることができません。
例えば栽培可能個数が3個だった場合、エピック種を1つ植えてしまうと
残りの2枠にそれ以上エピック種の種を植えることができません。
もちろん通常の種はいくつでも植えることが可能です。」

ソサ「なるほどね…じゃあ"生命の清水"を一度に量産することはできないのね。」

アチャ「そういうことになります。」

アチャ「栽培可能な種の種類が増えていくと、栽培時間も長くなっていきます。
それに応じて得られる栽培熟練度も多くなるので、どんどんレベルを上げていきましょう。
エピックの特殊種は、得られる栽培熟練度が通常の同レベルに比べると多くなっているので
熟練度を上げたいときはこちらの種も活用していきましょうね!」


アチャ「種の知識もついたところで早速種を撒きに行きますよ!」

ソサ(手が汚れるわ…どうしましょう……。)

アチャ「今回は農場の空き地がないので"個人農場エリア"を使用します。」

ソサ「3つあるけど1つしか植えれない詐欺エリアね。」

アチャ「(ま、まぁそうですけど!)では空地見てみてください。」


種まき
2_20130209181338.jpg

アチャ「(…?クレさん?)このように盛り上がっている場所が空地です。」

3_20130209184359.jpg

アチャ「このスコップのマークが出ていると種を撒くことができます。
左クリックして植える空地を選択してみてください。」

4_20130209184401.jpg

アチャ「クリックすると所持している種の一覧が表示されます。
今回は報酬の"ヒゲ菜種"を持っているのでそれを選択します。
選択したら、下の"種まき"をクリックして種を撒きます。」

5_20130209184402.jpg

アチャ「このモーションが"種まき"をしている最中になります。」
うさみみクレさんが可愛くて直視するのが辛いです。

6_20130209184403.jpg

アチャ「根付くと"作物のウィンドウ"が出て、カーソルを合わせると確認できます。
これは"共同農場エリア"で他人の作物情報も知ることが可能です。」


アチャ「この画面の説明は次の"水やり編"で教えますね!」

アチャ「ところで、クレさんは何をしているんですか?」

クレ「ソサさんに拉致され無理矢理連れて来られた挙句睨み付けられ仕方なく。」
あとが怖いですからね。

アチャ「そ、そうなんですね…ところで肝心のソサちゃんは……。」キョロキョロ

クレ「あっちで寝てます。」

ソサ(zz...)

アチャ「そ、そさちゃ…」ウルウル

クレ「ぼく、帰ってもいいですか?」

アチャ「は、はぃ……。」

クレ「アチャさん、頑張ってくださいね!」腹黒スマイル




~くれさんのまとめ~

クレ「種の種類は栽培レベルに応じた物が使用可能。
通常の種は同時に複数植えることができるが、エピック種のみ1つの制限有り。
種まきは空地を見つけてクリック ➝ 種選択 ➝ 種まきの簡単なお仕事ですね。
これ、説明が詳しすぎて逆に見辛くなってますよね?ブロガーとして本当に大丈夫なんですか?」


-----ばばちゃんの強制的な水やりが今、始まる-----

| 農場の遊び方 | 20:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。